​時計の歴史

時計の歴史、仕組み

日時計が6000年前エジプトで使われたのが始まりです。その後、水、

ローソク、油、香等を用いた時計が作られました。1300年頃には重りを動力とする「棒テンプ」機械時計が誕生します。 

時計技術の革新

1582年頃ガリレオが振り子の等時性原理の発見に始まり、1656年頃に

クリスチャン・ホイヘンス(オランダ)が振り子時計、1667年には

「ひげぜんまい」による「テンプ」式調速機を発明して携帯時計をつくりました。

その後脱進機、調速機の改良を進めガンキ車、アンクル、テンプから

成る機械時計が完成しました。その後脱進機、調速機の改良を進め

ガンキ車、アンクル、テンプから成る機械時計が完成しました。

 

当館では各素材、機能、からくり時計等、デザインにこだわった世界の時計をお楽しみいただけます。

​時計の資料

​メーカー別の資料
​絵葉書に見る時計

当館に所蔵されている時計と関連のある絵葉書などが姉妹館である“絵葉書資料館”に所蔵されています。
​関連資料としてぜひご覧ください。(絵葉書資料館のホームページに移動します)

時計メーカー 一覧
​時計博物館リンク